3DPテクニカルセンター(K-3TC)のご案内

澳门金沙www1389com

3DPテクニカルセンターとは

神奈川県相模原市にある、相模原事業所内に3DPテクニカルセンターがございます。
アクリル樹脂造形用のProJet® 3600や、金属造形用のProXTM 200など、全11機種を設置しております。
造形に必要な周辺機器及び、造形後の加工用に必要な機器を揃え、サンプルの制作も行っています。

造形装置や周辺設備が整っている3DPテクニカルセンターの見学お申込み、および金属(ステンレス等)の造形サービスに関しましては、こちらのフォームよりお問い合わせください。

K-3TC

アクリル樹脂造形

制作プロセス・ポストプロセス

  • 作成した3D CADデータをSTLファイルへ変換
  • クライアントソフトで造形物のSTLデータを読込み、3Dプリンターへ送信
  • アクリル樹脂造形用の ProJet® 3500にて造形
  • 造形完了後はプレートごと機械 から造形物を取り出す
  • プレートから取り外した造形物を恒温器に入れサポート材のワックスを融解除去
  • 恒温器で取除けなかったワックスを超音波洗浄する
  • 洗浄後の造形物は、中性洗剤(食器用洗剤)にて洗い、乾燥させて完成

金属造形

澳门金沙www1389com

制作プロセス・ポストプロセス

www.9159金沙
  • パーツのレイアウト、サポート材設計など作成した3D CADデータをSTLファイルへ変換
  • クライアントソフトで造形物のSTLデータを読込み、3Dプリンターへ送信
  • 金属造形用のProXTM 200にて造形
  • 造形物をそのままアニール炉に入れ、焼きなましを行う(残留応力除去)
  • ワイヤーカットやバンドソーなどで、造形物をビルドプレートから切り離す
  • ブラスト装置に造形物を入れ、表面処理の研磨を実施し、完成
  • 造形物を切り取ったビルドプレートを研磨し、ビルドプレートを再利用出来るようにする

金属造形周辺設備

金属造形用3Dプリンターには、本体だけではなく各種の周辺設備が必要になります。

37174.com

  • 余剰粉末をリサイクルするためのPXBOX
  • 3Dプリンター庫内に窒素を充填する窒素発生装置、エアタンク、エアドライヤー
  • 3Dプリンターへの電力供給(400V)のための昇圧トランス(200V→400V)
  • 造形後の後処理として、造形物の焼きなましを行う電気炉のアニール炉
  • その他、二次加工用機器
お問い合わせ
協栄産業株式会社
〒150-8585 東京都渋谷区松濤2-20-4
〈 3Dプリンタ営業部 連絡先 〉
03-3481-2980
 (受付時間:平日 午前8時45分~午後5時30分)
03-3481-1181
37174.com