LED植物栽培器「灯菜」

メーカー名:



LED植物栽培器「灯菜(アカリーナ)」とは、お部屋の中で日光の代わりにLEDライトを照らして水耕栽培にて野菜を育てます。

野菜を育むインテリア「灯菜」の特長

「灯菜」をはじめる一番のポイントとしては、お部屋の中で天候に左右されなく、土を使わずお部屋を汚さず簡単に葉もの野菜やハーブを育てることができます。また照明メーカーこだわりのLEDを使っているため、育てられるインテリアとして楽しんでいただけます。

サラダ菜の栽培が今日から始められます

「灯菜」には、お試しの液体肥料とサラダ菜の種とスポンジが付属している野菜栽培キット。水を ご用意していただき、スポンジをセットしてサラダ菜の種を蒔いて、栽培がはじめられます。

ハーブなどの「料理にちょっとあるとうれしい種」が育てられます

「灯菜」では、ハーブ(バジル、クレソン、ルッコラ)や葉もの野菜(サラダ菜、サニーレタス) 、レジナトマト、しそなどを育てておいしく召し上がっていただけます。

サラダ菜の栽培手順を説明します

①栽培トレーに養液(水+液体肥料)を入れ、十分水を含ませたスポンジをセットしてサラダ菜の種を蒔きます。

②種を蒔いたら、フタをして発芽するまで2~10日まで待ちます。

③発芽したら、フタを開けてLEDを 1日16時間照射して8時間消灯するというサイクルを繰り返して定期的に養液を注ぎ足します。

④約30~40日でサラダ菜が収穫できます。収穫日数はお部屋の環境や温度によって異なります。

「灯菜」はどうやって植物を育てられるの?という方へ

「灯菜」のしくみは、
①日光の代わりにオリジナル植物用LEDを使用しています。植物の成長に必要な光量を維持したまま、柔らかな光を照らします。

②種はスポンジにセットして植えます。「灯菜」培地スポンジは、中央のくぼみに十字の切込みがあり、種をセットしやすく根が伸びやすい、また高い保水率で発芽を促します。

③土の代わりに養液(水+液体肥料)で栽培しますので、お部屋を汚さず簡単にお手入れができます。養液はだいたい目安として週2~3回程度注ぎ足します。
※環境や植物の種類によって異なります。

Akarina01
外寸法 φ320×H350mm
質量 2.1Kg
材質 本体:ABS樹脂 栽培部分:PP樹脂
電源入力 AC100V
周波数 50/60Hz
入力電流 1.2A
電源出力 DC12V
消費電力 22W
お問い合わせ
05709.com
協栄産業株式会社 TRCオフィス
〒143-6565 東京都大田区平和島6-1-1
〈  事業戦略室 連絡先 担当:中村 〉
03-3767-2331 
(受付時間:平日 午前 9時~午後 5時30分)
03-3767-2394